・北海道(道南) 旅:クマ~グルメ案内~ 江差町 麺や壱

江差町の本格ラーメン

1場所、地図

所在地

営業時間・定休日

・〒043-0034 北海道檜山郡江差町字中歌町68

・☎0139-52-5212

・営業時間 (昼)11時00分~14時00分 (夜)17時00分~20時00分 火曜日定休

・🅿有(店の前)

2解説、料理画像

江差町のグルメといえば、ニシンそば

江差のみならず、檜山エリアの飲食店は必ずといっていいほどおかれているメニューです。

逆に、このエリアでは、ラーメン屋が少ないのが特徴で、同じ蕎麦屋や道の駅などのに、ラーメンはあるのもの、本格的なラーメンは少ないです。

そんな江差町エリアでラーメンが食べたい時にオススメするのが、今回紹介する「麺や壱」

江差周辺では数少ない本格的なラーメン店です。

・外見と内装

場所は、江差の市街地の並びにあるのですぐわかると思います。

青玉
江差の飲食店は基本的に市街地の道路の並びにあるので比較的わかりやすい
・メニュー
 ラーメンは、「あっさり系」「こってり系」の二種類あり、それ以外にもつけ麺、油そば。
 サイドメニューには、餃子、チャーハン、チャーシュー丼など、近年のラーメン屋の定番メニューを揃えているので、比較的豊富です。

レタ
メニューが多いと、短期間に何度いっても
食べ飽きしないので助かるワン
 今回は、こってり系のみそラーメンを注文してみました。
・みそラーメン(800円)
 白湯スープのこってり系の味噌ラーメンで、トロリと柔らかいチャーシューに半熟の煮卵のトッピングがあり、かなり今風の味になっています。
 道南の函館市街から離れた飲食店のラーメンは、昔風の澄んだとんこスープのあっさりラーメンの店が多く、こういう今風の濃い目のラーメン屋は意外と少ないです。
 こってり系ですが、すごく油っこいといわけでもなく、ほどほどの脂っこさで、感覚的には函館市内の華月や伊吹なんかと似たような感じです(細かい箇所は違いますが)
 一応、江差エリアでは、めんぞうなどのラーメン店がありますが、場所は、江差市街地から結構離れているので、かもめ島などの観光の後に近場で、ラーメンを食べたい場合は、ここをオススメします。

 

3個人的グルメ総評

値段(コスパ)
総合オススメ度

*

 味は、完全に個人の独断と偏見で決めますので、参考程度と思いご了承ください。
値段は、価格だけでなく、ボリュームサービス(たとえば大盛り無料など)も評価に加わります。
総合オススメ度は、値段意外に、場所内装などを、総合的に評価した結果ですが、当サイトの評価基準はあくまでも味→値段→立地→外装、内装の順です。あくまでも個人の感想なので、ご了承ください。

説明

味は無難な今風のラーメンで、そこそこ濃厚で油のあるスープに、柔らかいチャーシュ、とろとろ煮卵と悪くない味付けです。

つけ麺、油そばなどのメニューも豊富です。

値段は通常のラーメンで800円なので今時のラーメン専門店の値段です。古くからの定食屋系ラーメンは少し安めのものが多いですが、ここは仕方がありません。

上記で説明したとおり、このエリアの飲食店は、観光客向けの、ニシン蕎麦が人気で、ラーメン専門店はそんなに多くありません。

そんな中で、ニシンそばではなく、ラーメンを食べたい人にはオススメなので、立地的なものも含めてオススメ度は少し高めです。

おすすめの記事