・北海道(道南) 旅:クマ~グルメ案内~ 函館市湯川町 やきだんご「銀月」

名物は伝統の焼き団子!

1場所、地図

所在地

営業時間・定休日

・住所

〒042-0932 北海道函館市湯川町2丁目22−5

・営業時間(火曜定休日)

AM8時15分~PM17時30分

・☎

81138576504

・🅿

2解説、料理画像

温泉旅館、ホテルなどが並ぶ湯川は、道南でも最大の温泉街です。

そんな湯川の電車通りにある人気の和菓子店が「銀月」です。

・外見

 

マカ
老舗和菓子店っていっても、そんなに大きくないんですね?

ミミ
近年は和菓子店も綺麗で大きなビルになっている店も多いが
ここは、外見にはさほどこだわらない
 銀月の名物といえば、なんといっても焼き団子。
 昔は、ごまあん、醤油、あんこの3つでしたが、近年はきなこあん、三色団子などあります。
 まずは、基本の3味をおすすめします。
・ごまあん、醤油、あんこ

ミミ
値段は、少し前までは84円とかだったが、今は残念ながら108円
となっているが、それでも安い
・あんこ、醤油、ごまあんこ

ミミ
シンプルすぎてわかりづらいが、団子がやわらかくもちもちしており
あんこや醤油タレと絡み合って絶妙な味じゃ

ミミ
地元のスーパーで打っているヨ〇ダの団子と比べても一回り上の味がするぞ
 銀月は団子以外にも、羊羹、大福、上生菓子や、季節お菓子の桜餅、うぐいす餅、べこ餅、かしわ餅なども売っています。
 しかも、どの和菓子も全体的にクオリティが高いので、焼き団子だけでなく、上記の和菓子もオススメします。

3個人的グルメ総評

値段(コスパ)
総合オススメ度

*

 味は、完全に個人の独断と偏見で決めますので、参考程度と思いご了承ください。
値段は、価格だけでなく、ボリュームサービス(たとえば大盛り無料など)も評価に加わります。
総合オススメ度は、値段意外に、場所内装などを、総合的に評価した結果ですが、当サイトの評価基準はあくまでも味→値段→立地→外装、内装の順です。あくまでも個人の感想なので、ご了承ください。

説明

函館市内のでは、中心的な和菓子店で、どの和菓子も全体的に美味しいです。

ただし、銀月のオススメは、なんといっても、焼き団子や大福、桜餅、べこ餅などの日持ちのしない生菓子です。

 日持ちのするお菓子も売っていますが、上記の商品に比べると印象は薄くなります

そのため、現地で食べないと魅力が半減するので、観光帰りのお土産のお菓子には不向きなため、総合的なオススメ度は少しさがります。

観光帰りの人に配るお土産用のお菓子をご希望の場合は、千秋庵や六花亭がむいています。

おすすめの記事